ホンダ、モンキーを8月末で生産終了…排ガス規制強化で50年の歴史に幕

タグ

, , , ,

ホンダは原付50CCバイク『モンキー』の生産を2017年8月末に終了することを決めた。

ホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長が3月24日に東京モーターサイクルショー2017のブース内で開いたプレスカンファレンスで明らかにした。

泣く泣く終了…『モンキー』最後のモデルはコレだ!加藤社長は「モンキーは初代『モンキー Z50M』を1967年に発売して以来、今年で50周年を迎える。愛らしいデザインや定評あるエンジンなどで半世紀にわたり皆様からご支持を頂いたモンキーも、『モンキー・50周年アニバーサリー』と『モンキー・50周年スペシャル』をもって、残念ながら生産を終了する予定」と述べた。

プレスカンファレンス後に報道陣の囲み取材に応じた加藤社長は「既生産車については今年から排気ガス規制が強化される。小排気量車でユーロ4相当の国内のエミッション3次規制をクリアするのは技術的にも、コスト的にも非常にものすごく困難」と、モンキーの生産を終了する背景を説明した。

加藤社長はモンキーについて「50年間という大変長い間、ご愛顧頂き、お客様から愛して頂いて、ある意味、ホンダの顔に近い部分がある」としながらも、「各社もだいぶファイナルエディションということで国内モデルについてはかなり生産の打ち切りを進めているが、ホンダもそれほど事情が大きく変らない。50年という節目ということもあり、泣く泣く生産販売を終了する」と話した。

さらに加藤社長は「2021年には、さらに厳しい規制がまたくる。やはり50CCというものの限界がある」と指摘した上で、「2030年になった時に原付1種が内燃機関を主体としたもので存続できるかというと、私は非常に厳しいと思う。日本の国内でいえば原付1種はすべからく電動化の先頭バッター、ランナーとして移行していくのではないか」との見通しを示した。

東京モーターサイクルショー2017のホンダブースでは、生産終了が決まったモンキーの50周年記念車2モデルを始め、『CB1100 RS カスタマイズコンセプト』、『レブル250 スタイルコンセプト』を参考出品しているほか、『CB1100RR SP』、『CBR250RR』、『X-ADV』、『レブル500』などの市販予定車も展示公開している。

このうちCBR250RRについて加藤社長はプレスカンファレンスで「直感、体感、新世代RRを開発キーワードにクラス初となるスロットルバイワイヤーを搭載するとともに力強く速さを直感するスタイリングなど新世代のCBRとして開発している」と紹介。またCB1000RRに関しては「ネクストステージ トータルコントロールを開発キ―コンセプトに初代の『CBR900RR』」から連綿と受け継がれた扱いやすさこそが操る楽しみを体感できるという理念を継承し、大きな変革をとげフルモデルチェンジした」と述べた。


昨日、郵便カブを電動に移行するというニュースを耳にしましたが、同じエンジンを使ったモンキーを生産中止にする・・・ということは、カブも遅かれ早かれ生産中止になるという事なのでしょうか?

ホンダ・モンキーの原型が登場したのは1961年、当初は多摩テックのアトラクションとして用意されたものが人気を博し、ソレが後に市販化されたものでした。

カブのエンジンを流用したソレは、整備性に優れ、弄りやすい事から、改造車のベースとしても、根強い人気のあるモデルでした。

しかし、こうやって何でもかんでも排ガス規制と共に消えていくのは、寂しいものですね・・・。

正直、あの程度の台数の、しかも50cc程度のモノに、ココまで目くじら立てる必要があるのでしょうか?

かつてはモンキーでバイクに入門し、免許を取り、ソレで改造を覚えて…なんていう人も沢山いましたが、コレで一層、若者からバイクが遠ざかりそう…と思ったら、最早この手のオーナーも、中高年なので、大勢に影響ないのでしょうか?

既に小型車は中国生産で、実質ホンダは小型車を捨てているのでしょう。

本田宗一郎社長も、草葉の影で嘆いていることでしょう。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村